就職活動に関する面接において一通り面接官からによる質問を受けたあと、最後に聞かれる内容でなにか質問はありますかに関する問いかけにおいて、一般的には逆質問などと呼ばれており

就職の面接では準備が大切です

面接時にする逆質問のコツ

就職活動に関する面接において一通り面接官からによる質問を受けたあと、最後に聞かれる内容でなにか質問はありますかに関する問いかけにおいて、一般的には逆質問などと呼ばれており、突然の問いかけに対して頭が真っ白になって特に何もございませんでは、あまりにもったいないでしょう。この質問に関しては、その企業に対する興味や関心の強さについて示していくチャンスであり、あらかじめポイントについて整理しておき、最後のアピールタイムについて有効活用していきましょう。

また、質問をしていく場合による大前提として、面接官における役職や立場により、チェックしているポイントや質問するべき内容に関しては異なっていくことを意識しておき、人事担当者であるならば人間性や就業意欲や会社との相性などがあり、現場の社員であるならば経験やスキル、職場に対するフィット感であり、経営者であるならば、入社意欲や仕事に関する覚悟、投資価値などについて、それぞれが評価していくポイントについて想定していき、準備しておき、どんなに良い質問について投げかけたとしても、それに対しては適切なリアクションについて取れないと効果は半減していき、質問の背景に関しては意図があるはずでしょう。質問を求められたので、仕方なくでは意味がなく、はいやそうですかではなく、返答についてさらに深掘りしてみたり、自分なりによる感想についてお礼と共に伝えていき、質問を投げかけて燃え尽きてしまわないようにしましょう。

Copyright (C)2017就職の面接では準備が大切です.All rights reserved.