面接を受ける際に室内に入るときに挨拶をする必要があることは多くの人が分かっていることですが、その際にどこを見て行うのかということを事前に知っておかなければ当日現場で慌てて

就職の面接では準備が大切です

面接では面接官が複数いる前提で挨拶を考えておくべきです

面接を受ける際に室内に入るときに挨拶をする必要があることは多くの人が分かっていることですが、その際にどこを見て行うのかということを事前に知っておかなければ当日現場で慌ててしまう結果になる可能性もあります。

どこを見るのかというと、当然面接をしてくれる面接官を見ることになるのですが、その際に面接官の目をみてしっかりと挨拶をするというところまでは慌てることはないのですが、その面接官が複数いる場合はどの人の目を見て挨拶をすれば良いのか、あるいはすべての人に対して目を見て挨拶をする必要があるのかといったことを知っておかなければ、複数の面接官が座っていることに入室してから気付いて慌ててしまうことになります。たとえ、一人で行う個人面接の場合でも、面接官は複数いることの方が多いですので、複数いるという前提で挨拶の方法を考えておくべきです。一般的な方法としては、担当者全員に対して個別に挨拶をする必要はありません。一度すれば良いのですが、次に問題となるのが相手です。一番偉い人にするなどと言う決め方では誰が一番偉いのかが分からない状況では対応出来ません。基本としては真ん中にいる人に対してすることで、そこにいる人みんなに対して挨拶をした印象を持ってもらうことが出来ます。

Copyright (C)2017就職の面接では準備が大切です.All rights reserved.