仕事を探していて、良さそうな仕事を見つけ、募集元に電話などで応募して面接の日程が決まってからが頑張り所です。

就職の面接では準備が大切です

面接の時に重要になってくる事

仕事を探していて、良さそうな仕事を見つけ、募集元に電話などで応募して面接の日程が決まってからが頑張り所です。もちろん、面接に合格して仕事がスタートしてからの方がもっと大変ですが、面接官は面接を受ける人が実際に仕事を始めてからの様子をイメージしながら面接を行っています。ですから、こちらも自分が実際に働く事をより具体的にイメージしながら面接に臨む事が大切です。

具体的にというのは、その仕事をしている時間だけでなく、職場までの行き帰りや交通手段、生活リズムなど全てを考慮した上での具体さです。仕事をする以上はきちんと時間通りに通勤し、スムーズに業務に取り掛かれるようにしなければなりません。それが可能なのかどうかという所から検討し、面接官に理解してもらうのは最低限出来ていて当たり前の事です。その上でその仕事が自分に合っているのか、自分の能力が活かせる職場なのかを考えた方が良いです。

よく、給与や待遇面ばかりに気を取られている人がいますが、そうではなく、お金をもらって働く以上は責任というものが発生する事をまずは自覚しなければなりません。責任をもって仕事をするという事は、つまりは毎日きちんと通勤出来て、業務をこなせるかどうかという生活リズムそのものがまずは重要なので、面接においてはそういった点を具体的にイメージし、そこで働いている自分のイメージ像をより明確に伝える事が重要です。

お役立ち情報

Copyright (C)2017就職の面接では準備が大切です.All rights reserved.